https://www.onamae.com/domain/navi/quick_option?lang=ja&opid=sBlSXB8DQ0ZR1jOhBMUC&whoisprotect

40代主婦のたわごと

ガサガサかかとがツルツルに!!あきらめないでアラフォーかかと

2019/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
猫(中1女子)、もぐら(小4男子)、夫の四人家族。 如何にして綺麗なオバさんになれるか、日々模索中。 美味しいもの、おしゃれ、コスメに興味あり。 年数回の家族旅行や、キレイのためのあれやこれやを書いていきますよ。

夏目前、かかとガサガサしていませんか?

夏はほとんどサンダルで過ごしている、かかとツルツルもぐたろです。

かかとのガサガサって見られていないようで、見られているってご存知ですか?例えばこんな時…。

エスカレーターや階段の下の段からとか、お友達とのお座敷席でのランチ。私はなんとなく見ちゃいます。

ケアをしていないかかとを見ると勿体無いと思ってしまいます。「少しの習慣だけで変わるのに…」と。

かかとのガサガサは毎日の習慣で変えられます。

かかとケアでガサガサをツルツルへ

では、かかとのケアをして行きましょう!やることはたった二つだけです。

  1. かるいしでこする
  2. 保湿クリームを塗る

以上です。

フザケンナ!そんなんもうやってるわ!

お怒りはごもっともです。まあ、落ち着いて。

かるいしは、”まかないこすめの絹かるいし”を使用します。

まかないこすめ って?

”まかないこすめ”は明治32年、金沢の吉鷹金箔本舗で働く女性たちは、過酷な作業環境によって、手肌の荒れに悩まされていたそうです。きらびやかなイメージのある金箔を扱う金箔屋で働く女性として、いつもキレイな肌でいたい、という思いを持っていたそうです。

そして、金箔屋のまかない(作業場や台所)の知恵や自然由来成分を使って様々なコスメを生み出し、自分たちの肌で試すようになったそうです。

100年にわたり、金箔屋のまかないで繰り返されてきた美肌づくりのノウハウを、集約・編纂したものをもとに作り上げられたものが、”まかないこすめ”なんですって!

長い歴史の中で培われた化粧品なんですね。先人の知恵ですね。

まかないこすめ 絹かるいし

こちらはお肌を荒らさない絹を配合した「かるいし」だそうですよ。回数を重ねるごとに、シルクプロテインが肌に馴染んできて、保湿しながら角質を落とすんですって。確かに使えば使うほど肌がしっとりしてきます。

普通かるいしって一時的にガサガサは無くなるんですが、すぐに白っぽくカサついてくるんです(私はね)。毛羽立っちゃう感じに。

でもこの絹かるいしを使うと、何日たってもツルツルが持続しています。

かるいし自体を触るとびっくりすると思いますが、きめ細かいんです。かるいしなのに!私の中でかるいしって、爺さん婆さんが銭湯行く時の洗面器に入れて持っていく、灰色っぽいゴツゴツした石…てイメージでした。(いつの時代かしら)

そんなのとは全くの別物です。白くてきめ細かくて、思わず頬ずりしてしまいそうになります。(実際やったら軽症です)

今始めれば夏に間に合います

私は以前はかかとを削るタイプや、足の角質を剥がすパックや、履いて寝るかかと靴下など、ありとあらゆるかかとケアをしてきました。でも効果は一瞬だったりと全く手応えがありませんでした。

この絹かるいしも、かかとケア難民の習性(目新しいものを片っ端から買う)で買ったんですが、大当たりでした!思いもよらずかかとケア難民を卒業できてしまいました。やったね!

つい最近もぐたろ姉がガサガサなのを見てしまったので、お中元がわりにプレゼントしてあげようかと思います。お値段もお手頃なうえ、可愛くラッピングされているので、ちょっとしたプレゼントに喜ばれますよ💕

軽いガサガサならすぐにツルツルになれるので、今なら夏に間に合いますよ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
猫(中1女子)、もぐら(小4男子)、夫の四人家族。 如何にして綺麗なオバさんになれるか、日々模索中。 美味しいもの、おしゃれ、コスメに興味あり。 年数回の家族旅行や、キレイのためのあれやこれやを書いていきますよ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 猫ともぐらとキレイの生活 , 2019 All Rights Reserved.