https://www.onamae.com/domain/navi/quick_option?lang=ja&opid=sBlSXB8DQ0ZR1jOhBMUC&whoisprotect

40代主婦のたわごと

ゼロ活力鍋で牛すじおでん

2019/12/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
猫(中1女子)、もぐら(小4男子)、夫の四人家族。 如何にして綺麗なオバさんになれるか、日々模索中。 美味しいもの、おしゃれ、コスメに興味あり。 年数回の家族旅行や、キレイのためのあれやこれやを書いていきますよ。

こんにちは、もぐたろです。今日はクリスマスイヴですね。皆さんクリスマスはお家でパーティーでしょうか?

チキン食べて、ケーキ食べて、シャンメリー飲んで…。ってのが定番かしら。

もぐたろ家の毎年の定番は、おでんです。

チキンも食べなければ、シャンメリーも飲みません。ケーキも家族みんな興味がないので買いませんし。

今年は味噌おでんにしましたよ。もぐたろのお家は東海地方なので、赤みそこってりの味噌おでんが人気です。

そんなおでん作りにも便利なのが、アサヒ軽金属の「ゼロ活力鍋」です!

おでんに欠かせない牛すじの下茹でが時短でできるので、忙しい主婦の強い味方です。

今回は、そんなもぐたろ流味噌おでんレシピを紹介します。

もぐたろ流味噌おでん

材料(たっぷり4人分)
  • 牛すじ(500グラム)
  • 大根(小1本)
  • 卵(6個)
  • こんにゃく(2枚)
  • 厚揚げ(2袋)
  • ネギの青いとこ(1本分)
  • 生姜(スライス2枚)
  • 味噌
  • 砂糖
  • みりん
  • 顆粒だし
作り方
  1. 大根を輪切りにして皮をむく。鍋に大根がかぶるくらいの水を入れ、火にかける。柔らかくなるまで茹でます。※茹で汁は捨てないで
  2. ゆで卵を作る。
  3. 牛すじをひたひたの水で火にかける。アクが出てきたら湯を捨ててぬるま湯で牛すじを洗う。アクや血を洗って綺麗にします。
  4. 牛すじと水(かぶるくらい)、酒(2カップ)、ネギの青いとこ、生姜のスライスを『ゼロ活力鍋』に入れて強火にかける。
  5. おもりが振れてきたら弱火にして5分加圧。5分経ったら火を止めて圧力が抜けるまで放置。
  6. 厚揚げは熱湯で茹でて油抜きする。キッチンペーパーで油を拭き取って適当な大きさに切る。
  7. こんにゃくは適当な大きさに切ってから、ひたひたの水で茹でる。
  8. 牛すじの圧が抜けたら蓋を外して、ネギと生姜は捨てる。上澄みの油をすくって捨てる。※こってりが好みなら捨てないで大丈夫
  9. 味噌(大さじ4)、砂糖(大さじ2)、みりん(大さじ1)をボウルに入れて、牛すじの茹で汁でとく。※この時点ではかなり薄めです
  10. 大根の茹で汁、牛すじの茹で汁、顆粒だし、下準備した材料を全て大き目の鍋に入れて、9でといた味噌を入れる。
  11. 2〜3時間グツグツ煮込む。途中味見をして薄いようなら味噌や砂糖を足す。※味は最初から濃くしてしまうと修正が困難になるので、薄目からスタートしています
  12. 煮詰まって黒っぽくなってきたら完成!
ポイント

大根は茹で汁ごと使うことで味に深みが出ます。

あっさりがお好みなら、牛すじの茹で汁は使わず作ってください。

『献立いろいろ味噌』で簡単に味付けすることもできます。名古屋めしが自宅で楽しめる便利な調味料です。

お好みでハンペンを入れてもいいですよね。入れるときは出来上がり直前に入れましょう。

からしや一味唐辛子、ネギなどお好みの薬味で召し上がれ!

白飯に味噌と卵を乗っけるのがお約束です。串カツも作っておでん鍋にドボンさせてもいいですよ。

たまには違った地域のおでんも楽しんでみてはいかがでしょうか?

では、またね!メリクリ!

今ならクーポン利用で25%オフになるお得な期間です。料理の腕が格段に上がりますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
猫(中1女子)、もぐら(小4男子)、夫の四人家族。 如何にして綺麗なオバさんになれるか、日々模索中。 美味しいもの、おしゃれ、コスメに興味あり。 年数回の家族旅行や、キレイのためのあれやこれやを書いていきますよ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 猫ともぐらとキレイの生活 , 2019 All Rights Reserved.